profile

西邑卓哲(Takaaki Nishimura)


神奈川県平塚出身。2月29日生まれ。

身長184cm,体重59〜86kg



FOXPILL CULTのリーダー。
Vocal,Guitar,Bass,Drums,Percussion,Art Director。


演劇の音楽監督をはじめ、作曲家、映像作家として活動。


最近の楽曲提供先など
      劇団「虚飾集団廻天百眼」(音楽監督 / 楽曲提供)      
音楽劇「麻人楽」
(音楽監督 / 楽曲提供 / 演奏)
「昭和精吾事務所
」 (音楽監督 / 楽曲提供 / 演奏)
   暗黒系アイドル「NECRONOMIDOL」(楽曲提供 / 演奏)
劇団「チームジャックちゃん」(楽曲提供 / トラック制作)
etc.


過去のLIVE詳細(←2012年4月迄)


<経歴>


2007年

02月
DARKSIDE MIRRORSにノイズ/ギタリストとして加入。
Levi'sのファッションショーにライブ出演。

アメリカのファッション誌「NYLON」にて
要注目の日本のアンダーグランドバンドとして
BORIS , OOIOOと共に特集を組まれ
日本でも映画秘宝やELLE、TRASH-UP等に掲載。


ライブでは映像の宇治晶(ex:裸のラリーズ)と幾度もコラボを重ね、初台現代音楽祭や高塔山JAM等へ出演、
MVでは映画監督である継田淳、長谷川億名とコラボするなど
ガレージ/ホラーパンクを母体につつサイケデリックで実験性の高い活動を繰り広げる。


11月、80年代初頭に日本のゴス、ポシティブパンクの
中心的存在だったMADAME EDWARDAの30年振りの復活にギタリストとして参加。
(翌年に正式加入〜2013年脱退)


2008年
5月名古屋ダイヤモンドホールにDARKSIDE MIRRORS出演。
共演はSHEENA & THE ROKKETS、The Collectors、The Privates、ROCK'N'ROLL GYPSIES

その模様がSTARCATチャンネルの特集番組にて全編放映。


TBSのバラエティー番組「世界バリバリバリュー」へ出演。
MX TVのピエール瀧氏が司会を務める番組「ほぼ1」の賞へのノミネート&受賞



11月
DARKSIDE MIRRORS活動休止/脱退。




2010年01月
FOXPiLLa.k.a FOXPILL CULT)活動開始。




2011年
2月
スペースシャワーTV「真夜中のNEXUS」 にて
SHEENA & THE ROKKETS,キノコホテル,少年ナイフ,FOXPiLLが出演した
イベント『BAD GIRL ROCK! vol.1』が放映。

3月
大震災の影響でFOXPiLL活動休止。
FOXPILL CULTとしてソロ形態で活動開始。
ギタリストからボーカルに転向。

FOXPILL CULT


10月
廻天百眼による舞台版「少女椿(原作:丸尾末広)」に楽曲提供。
オープニングやエンディング等に使用される。
サブカル界を代表する名作漫画「少女椿」の舞台化、キャラの再現度なども話題に。



2013年

2月
FOXPILL CULT 1st ALBUM
NEW ROMANCER」発表。
JR池袋駅、高円寺駅、 市ヶ谷駅、新大久保駅、海浜幕張駅などに販促ポスターが掲載される。
ZENI GEVAをゲストに迎えてレコ発。




8月
虚飾集団廻天百眼の劇場公演
奴婢訓(作:寺山修司 音楽:J・A・シーザー」にタカアキ役としてドラムと歌で出演。
J・A・シーザー楽曲を原曲として、編曲/演奏/音楽監督を担当。


2014年

2月 虚飾集団廻天百眼
本公演「冥婚ゲシュタルト」の
音楽監督と全楽曲の制作を担当。ドラムと歌で出演。

7月には実験公演臘月記の音楽監督&全楽曲の制作も担当。


この頃から本格的に演劇の音楽監督としても活動を始める。


6月6日 昭和精吾事務所代表こもだまりと
実験的ユニット「麻邑楽(a.k.a 麻人楽)」を結成し、以降度々アングラ音楽劇を上演。
映像制作/音楽監督/演出補助を担当。


8月  練馬区立美術館 「あしたのジョー、の時代展」にて行われた
元・演劇実験室◎天井桟敷、伝説のアジテーター昭和精吾による
力石徹への弔辞(1970年3月力石徹告別式での弔辞朗読再演)」に歌と演奏で出演。

当時の再現として、力石徹への曲を独唱。

(c)高森朝雄・ちばてつや/講談社

12月
昭和精吾73歳誕生日公演
【寺山修司をうたう(作/寺山修司 音楽/J・A・シーザー)】に歌と朗読の伴奏で出演。


12月26日
自主企画「ポトラッチデッドvol.17」 にて
伝説のゴス/ポジパンバンドでありビジュアル系の元祖とも呼ばれる「PHAIDIA」の
30年振りとなった復活ライブを企画し、メンバーとしても参加。


期間限定でPHAIDIA加入。
復活時のメンバーは

Gilly

吉田達也(RUINS、是巨人、あぶらだこ、ZENI GEVA、Vampillia、高円寺百景、戸川純バンド、YBO2 etc.)
ナスノミツル(teneleven、不失者、Ground Zero 、布袋寅泰 etc.)
西邑卓哲(FOXPILL CULT、ex:DARKSIDE MIRRORS、ex:MADAME EDWARDA etc.)
という強力な編成も話題に。

(左から吉田達也、Gilly、ナスノミツル、西邑卓哲)
(撮影:AZVSA chainsaw)


2015年
01月07日
初の全国流通盤であり
演劇的手法を取り入れた作品
FOXPILL CULT 2ndアルバム「邪宗門」発売。

ディスクユニオン週間インディーズチャート第1位を獲得。
月間チャートで第3位を記録。
タワーレコードではアルバム総合チャートにて第20位を記録。

08月05日
FOXPILL CULT 3rdミニアルバム/実験作「蠅になろう」発売
ディスクユニオン週間チャート第2位を記録。
月間チャートで第5位を記録。


09月
「PHAIDIA」を活動多忙により脱退。


10月〜11月
虚飾集団廻天百眼
の本公演
屍のパレード」の全楽曲の作曲&音楽監督を担当/出演。
関西公演にも参加。



2016年
DISK UNION内にFOXPILL CULTの為に設立されたレーベル
ROMANATION」 が誕生
Yahoo!ニュースやBarksニュース、激ロック等に掲載される。


03月09日
FOXPILL CULT 4th miniアルバム「ROMANATION」発売
ディスクユニオン週間インディーズチャート第1位を獲得。


4月
全楽曲の作曲と制作を担当した
虚飾集団廻天百眼「屍のパレード」が演劇のサントラながら全国流通で発売された事が話題に。

6月
2曲、楽曲提供した暗黒アイドル・NECRONOMIDOLのEPが発売。
ディスクユニオン週間インディーズチャート第1位を獲得。

監督/撮影/編集をつとめた蛸地蔵のMV「夕陽にサイケ」を公開。

9月
チームジャックちゃんの本公演「マーメイドブーツ」(出演:川添美和 寿里 高橋明日香 春名風花 etc.)
楽曲制作を担当。


10月
虚飾集団廻天百眼「冥婚ゲシュタルト」サウンドトラックが
ディスクユニオン週間インディーズチャート第3位を獲得。

10月19日
FOXPILL CULT 3rdアルバム「HOMO DEMENS MAN 」発売
ディスクユニオン週間インディーズチャート第2位を獲得。


2017年

2月〜3月
虚飾集団廻天百眼
の本公演
悦楽乱歩遊戯(原作:江戸川乱歩)」の全楽曲の作曲&音楽監督を担当/出演。


5月1日
赤坂BLITZで開催されたKαinワンマン公演に
演出家として招聘され、ライブ演出を担当。
総合演出家として昭和精吾事務所、虚飾集団廻天百眼の協力の元、
火や特殊な舞台芸術を駆使した13名の役者による暗黒パフォーマンスを演出。

7月
虚飾集団廻天百眼「悦楽乱歩遊戯」サウンドトラックが
ディスクユニオン週間インディーズチャート第3位を獲得。


出演した媒体情報

<雑誌>
映画秘宝
NYLON(
米国版)
DOLL

Barf Out
TRASH UP
ELLE
激ロック
JUNGLE★LIFE
FOLLOW UP
etc,,,,

<テレビ>
スペースシャワーTV「真夜中のNEXUS
TBS「世界バリバリバリュー
MX TV「ほぼ1
STARCATチャンネル「 ROCK WAVE BAND STAND 2008」etc,,,

<ラジオ>
Dobbのロック塾(FM)

discography 


live DATE ←過去のLIVE詳細はこちらへ(〜2012年4月迄)

top